これまでの公演

■ オムニバス公演 きのこ+『きしめじ科』  2016年8月10日(水) 〜14日(日) 会場 「東中野・RAFT」

1人の演出家と、5人の脚本家でおくる、劇団きのこ牛乳初のオムニバス公演第3弾
いろんな恋のかたち、そしていろんなきのこの物語。


  [ 脚本 ] 石橋 英明(やさしい)
    うんこ太郎(劇団どろんこプロレス)
    バブルムラマツ(劇団鋼鉄村松)
    屋代 秀樹(日本のラジオ)
    矢野 智之(team3E)
     
  [ 演出 ] 奥村 拓(オクムラ宅)
     
  [ キャスト ] 上田 浩志
    千草
    前田 ちまき
    (以上、きのこ牛乳)
     
    杏奈
    磯野 幸一
    遠藤 ちえ
    倉持 徹也
    高橋 紗綾
[ スタッフ ] [ 舞台監督 ] 上田 浩志
  [ 企画・制作 ] 劇団きのこ牛乳
   
   
   
   
   
   

■ 第11本目公演 『へらへら時計』  2015年12月3日(木) 〜6日(日) 会場 「遊空間がざびぃ」

男の子って何でできてるの?
カエルとカタツムリ
そして子犬の尻尾

女の子って何でできてるの?
砂糖とスパイス
そして素敵なものすべて

テロリストって何でできてるの?
鉄パイプと爆弾
そして無駄に思えてしまった今までの人生

ク リックすると大きく表示されます(別ウィンドウ)

  [ 脚本・演出 ] 屋代 秀樹(日本のラジオ)
     
  [ キャスト ] 上田 浩志
    千草
    前田 ちまき
    (以上、きのこ牛乳)
     
    市川 賢太郎
    遠藤 ちえ
    小畑 はづき
    堀江 やまの
    八木 麻衣子
[ スタッフ ] [ 音響 ] 葵 能人(ノアノオモチャバコ)
    ひの だい
  [ 照明 ] 長尾 裕介(LEPUS)
  [ 舞台監督 ] 海底二万海里(肉汁サイドストーリー)
  [ 企画・制作 ] 劇団きのこ牛乳
   
   
   

■ オムニバス公演 きのこ+『いっぽんしめじ科』  2015年9月9日(水) 〜13日(日) 会場 「東中野・RAFT」

1人の演出家と、5人の脚本家でおくる、劇団きのこ牛乳初のオムニバス公演第2弾
いろんな生と死、そしていろんなきのこの物語。

ク リックすると大きく表示されます(別ウィンドウ)

  [ 脚本 ] 石黒 麻衣(劇団普通)
    奥村 拓(オクムラ宅)
    如月 せいいちろー(ウラダイコク)
    寺戸 隆之(ノアノオモチャバコ)
    美貴ヲ(プリンレディ)
     
  [ 演出 ] フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)
     
  [ キャスト ] 上田 浩志
    千草
    前田 ちまき
    (以上、きのこ牛乳)
     
    甲斐 文平(team3E)
    笹瀬川 咲(劇団肋骨蜜柑同好会)
    えみ太
    神谷 春華
    関原 吏紗
    丸山 永莉
[ スタッフ ] [ 舞台監督 ] 上田 浩志
  [ 企画・制作 ] 劇団きのこ牛乳
   
   
   
   
   
   

■ 第10本目公演 『フォーワンズライフ』   2014年5月22日(金)〜5月27日(水) 会場 「新宿眼科画廊スペース地下」

劇団きのこ牛乳10年目・10本目の本公演
あの楽しかった日々は、もう二度とこないのかもしれない。
でも、あの時よりも今は今で楽しいと思える瞬間があればそれでいいんだと思う。
僕らは、今日を生きていく。

ク リックすると大きく表示されます(別ウィンドウ)

  [ 脚本 ] 矢野 智之(team3E)
     
  [ 演出 ] 石橋 英明
     
[ キャスト ] 上田 浩志
    千草
    前田 ちまき
    (以上、きのこ牛乳)
     
    笹瀬川 咲(劇団肋骨蜜柑同好会)
    関原 吏紗
    田村 康太郎
[ スタッフ ] [ 音響 ] 葵 能人(ノアノオモチャバコ)
  [ 舞台監督 ] 上田 浩志
  [ 企画・制作 ] 劇団きのこ牛乳
   
   
   
   
   
   

■ オムニバス公演 きのこ+『てんぐたけ科』  2014年11月26日(水) 〜30日(日) 会場 「東中野・RAFT」

1人の演出家と、5人の脚本家でおくる、劇団きのこ牛乳初のオムニバス公演
いろんな愛と、いろんなきのこの物語。

ク リックすると大きく表示されます(別ウィンドウ)

  [ 脚本 ] 矢野 智之(team3E)
    フジタ タイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)
    屋代 秀樹(日本のラジオ)
    美貴ヲ(プリンレディ)
    碧田 直(ミルクディッパー)
    (順不同)
     
  [ 演出 ] 奥村 拓(オクムラ宅)
     
  [ キャスト ] 上田 浩志
    千草
    前田 ちまき
    (以上、きのこ牛乳)
     
    池田 裕樹(ウラダイコク)
    遠藤 ちえ
    甲斐 文平
    倉持 徹也
    嶋谷 佳恵(劇団ORIGINAL COLOR)
    高橋 紗綾
[ スタッフ ]   [ 企画・制作 ] 劇団きのこ牛乳
   
   
   
   
   
   

■ 第9本目公演 『シスターストロベリー〜誰かを守りたいって、自分を守ってから言えよ〜』
   2014年5月15日(木)〜5月18日(日) 会場 「吉祥寺・櫂スタジオ」

■ストーリー
とある都心の片隅に、男を7年間待っている女がおりました。
男は不慮の事故により、7年間の刑期を受けていたのです。
女はその男をすべて受け入れるつもりで、待っていたのです。
しかし、男が刑期を終えて帰ってみると…

ク リックすると大きく表示されます(別ウィンドウ)

  [ 脚本 ] 春槙 たわし
(作家集団レッサーパンダ)
     
  [ 演出 ] フジタ タイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)
     
  [ キャスト ] 上田 浩志
    田中 渚
    千草
    前田 ちまき
    (以上、きのこ牛乳)
     
    安藤 慎一(優企画)
    久保 瑠衣香
    倉持 徹也
    嶋谷 佳恵(劇団ORIGINALCOLOR)
[ スタッフ ] [ 照明 ] 長尾 裕介(LEPUS)
  [ 音響 ] 葵 能人(ノアノオモチャバコ)
  [ 舞台美術 ] 山田 拓貴(劇団肋骨蜜柑同好会)
  [ 舞台監督 ] 上田 浩志
  [ 企画・制作 ] 劇団きのこ牛乳
   
   
   
   
   
   

■ 短編集公演 『はこには』 2013 年9月27日(金)〜9月29日(日) 会場 「ゆうど」


  [ 作・演出 ] はるまき たわし
     
  [ キャスト ] くり
    田中 渚
    千草
    前田 ちまき
    (以上、きのこ牛乳)
     
    上田 浩志
    加藤 雄介
    水上 亜弓
[ 演奏 ] 【キクラゲ】
  はるまき たわし
  堀川 けいこ
   
   
   
   
   
   
   
   

■ 第8本目公演 『スイート・ピンク』 2012年3月26日(火)〜3月31日(日) 会場 「阿佐ヶ谷 アートスペース・プロット」

■ストーリー
様々な反響を呼んだ二本目公演【スィート・ピンク】が遂に再演!!

[あたし]の居場所はどこですか?
[あたし]の価値はいくらですか?
[あたし]を必要としてくれますか?

全てを曝け出すAVの世界で、
身を焦がしながらも生きるAV女優。

彼女たちが求めるものは何なのか?
デフレスパイラルな現代のAV界に生きる女性を艶やかに描く。

ク リックすると大きく表示されます(別ウィンドウ)

  [ 作・演出 ] はるまき たわし
     
  [ キャスト ] くり
    千草
    田中 渚
    前田 ちまき
    (以上、きのこ牛乳)
    安藤 慎一(優企画)
    上田 浩志
    深田 ジャズミン
[ スタッフ ] [ 照明 ] 柳本 友紀
  [ オペレーター ] 菊地 庸子
  [ 音響 ] 葵 能人(ノアノオモチャバコ)
  [ 舞台美術 ] 坂本 遼
  [ 舞台監督 ] 無花果団
  [ 宣伝美術 ] 畑花菜
  [ 制作 ] 東京きのこクラブ
   
[ 演奏 ] 【キクラゲ】
  パーカッション : はるまき たわし
  アコーディオン : 堀川 けいこ

■ 第7本目公演 『優しい国』  2012年5月30日(水)〜6月3日(日)  会場 「阿佐ヶ谷 アートスペース・プロット」

■ストーリー
−とある処に優しい国がありました。
 隣の国で戦争が起きれば手を貸し、また隣の国で災害が起きれば援助を惜しまず。
 さて、優しいって何ですかね?−

※一度は書いてみたかった家族劇。
 ずっと小さい頃から【家族】という組織・形式に対して疑問を持っていた。
 なぜこの家に生まれ、なぜこの人を父親と呼び、母親と呼び、慕わねばならないのか?
 なぜ【家族】という縛り方をするのか?
 一番近くにいる血の継った他人。
 人類はどこの種族であろうと【家族】という社会が存在する。

 

ク リックすると大きく表示されます(別ウィンドウ)

  [ 作・演出 ] はるまき たわし
     
  [ キャスト ] 稲荷 崇
    くり
千草
    (以上、きのこ牛乳)
   
    井上 あさか
    澤木 さやか
    橘 洋司
    フジタ タイセイ
    山本 ともだち (D→Style)
    渡辺 由佳子
[ スタッフ ] [ 照明 ] 柳本 友紀
  [ オペレーター ] 菊地 庸子
  [ 音響 ] 葵 能人(ノアノオモチャバコ)
  [ 舞台監督 ] 無花果団
  [ 演出助手 ] 上田 浩志
  [ 宣伝美術 ] 畑花菜
  [ 制作 ] 東京きのこクラブ
   
[ 演奏 ] 【キクラゲ】
  パーカッション : はるまき たわし
  アコーディオン : 堀川 けいこ

■ new bottle公演 『鬼の棲む』  2011年12月1日(木)〜4日(日)  会場 「Performing Gallery&Cafe 絵空箱」

■ストーリー
−群集心理に潜む鬼−

人は生まれながらに関係性を孕んでいる。
家族、友人、知人、恋人。
その関係性を関係性としているものは何だろうか?
集団の中にいるあなたは、そこでどんなポジションにいますか?
そもそも、そんなポジションというものは必要ですか?
人が集団になると【なぜ?】と思う様な事が普通に起こる。
あなたのその発言は、行動は、自分が言いたいことですか?自分がやりたい行動ですか?
【和】を守ることと【和】に流されることが混同していませんか?
あなたの本心は、何を言いたがっていますか?

あなたには、鬼が見えますか?

ク リックすると大きく表示されます(別ウィンドウ)

  [ 脚本・演出 ] はるまき たわし
     
  [ キャスト ] 大和 由季
    謝花 弘規
    千草
    REINA
    九鬼 桃子 (夢幻舞台)
    酒井 健旨
    山本 ともだち (D→Style)
    渡辺 由佳子 (劇団夜想会)
     
    (パーカッション はるまき たわし)
[ スタッフ ] [ 照明プラン ] 柳本 友紀
  [ オペレーター ] 菊地 庸子
  [ 舞台監督 ] 無花果団
  [ 宣伝美術 ] REINA
  [ 制作 ] 東京きのこクラブ
   
   

■ 第6本目公演 『スプリッティング』  2010年12月3日(金)〜5日(日)  会場 「阿佐ヶ谷 アートスペース・プロット」

■ストーリー
−どんな手段を使っても人と繋がっていたい。
     あたし、間違ってますか?−

中学の頃の担任の先生が死んだ。
告別式の前日、今は使われていない鋳物工場に集まった元クラスメイトなどの男女8人。
そこで繰り広げられるのは惨劇か?情愛の果てなのか?
きのこ牛乳が創り上げる、至極のバロックホラーコメディ。

スプリッティングとは?
=境界性人格障害の方にみられる傾向で、純粋な心理からの
防衛本能により「善と悪」の様に両極端な発想をしてしまう症状。



  [ 脚本・演出 ] はるまき たわし
     
  [ キャスト ] 家田 三成
    狗丸 トモヒロ
    大和 由季
    斎藤 小徹
    千草
    岩崎 愛
    上田 浩志
    生川 なつみ
     
[ スタッフ ] [ 照明 ] 柳本 友紀
  [ 音響 ] 天野 高志、五十川 由佳
  [ 舞台監督 ] 無花果八宝菜
  [ 宣伝美術 ] 畑花菜
  [ 演出助手 ] 岡 慎一郎
  [ 制作 ] 東京きのこクラブ
   

■ 第5本目公演 『神の沈黙』  2010 年3月15日(金)〜7日(日)  会場 「神楽坂die pratze」

■ストーリー
― 『神の沈黙』とは、
もし神がいるのならば神はなぜ沈黙しているのか?
神が沈黙しているから、様々な宗教が生まれる ―

人はなぜ信じるのか?信仰心とは?
信じた先に裏切りが待っているかもしれないのに…

今回は1995年に起きた『地下鉄サリン事件』を母体に、
人が求める「信じるもの」や過酷な運命に抗いながらも懸命に生きていく人達を描きます。

ク リックすると大きく表示されます(別ウィンドウ)

  [ 脚本・演出 ] はるまき たわし
     
  [ キャスト ] 狗丸 トモヒロ
    大和 由季
    斎藤 徹也
    千草
    家田 三成
    岡 慎一郎
    蔭山 めぐみ
    松田 千尋 【少年マドンナ】
    若芽 わかめ 【(裸)ミチコイスタンブール】
    (50音順)
[ スタッフ ] [ 舞台監督 ] 坂 享宣 【ソマリ工房】
  [ 照明 ] 柳本 友紀
  [ 音響効果 ] 天野 高志
  [ オペレート ] 五十川 由佳
  [ 舞台美術 ] ソマリ工房
  [ 衣装協力 ] 竹内 陽子
  [ チラシイラスト ]ケイスケサイトウ
  [ チラシデザイン ] 保科 春花
  [ 制作 ] 東京きのこクラブ
   
[ 演奏 ] パーカッション ・ はるまき たわし 【木耳】
  ウクレレ ・ かんべ けいすけ
  鍵盤ハーモニカ ・ 穂科 エミ 【はぶ談戯】

■ 第4本目公演 『白の戯れ』  2008 年11月28日(金)〜30日(日)  会場 「アートスペース・プロット」

■ストーリー
伝染病のように感染する狂気がある

                ラ・ロシェフコー (1613-1680)


  [ 脚本・演出 ] はるまき たわし
     
  [ キャスト ] 千草
    橋本 良太
    明利 聖子
    大和 佑貴
[ スタッフ ] 柳本 友紀 [ 照明 ]
  天野 高志 (OFFICE my on) [ 音響 ]
  無花果八宝菜 [ 舞台監修 ]
  高橋 和久 [チラシ制作 ]

■ 第3本目公演 『はっぴいえんど』  2006年11月10日(金)〜12日(日)  会場 「シアターシャイン」

■ストーリー
ハッピーエンドを書かない、はるまきたわし なりのハッピーエンド。
DV(ドメスティック・バイオレンス)に焦点をあて描いた作品。
DVをしてしまう男。それを取り巻く周りの人達の葛藤や、受け入れられない現実。
それぞれの心の闇に巣くうものとは?
それぞれにどの様な『はっぴいえんど』が訪れるのか?


  [ 脚本・演出 ] はるまき たわし
     
  [ キャスト ] はるまき たわし
    古賀 友里恵
    湯川 奨平
    なしめぐ
    箕浦 倫子
    森田 金魚 (石 神井童貞少年団
    吉川 賦志
    中谷 大介
[ スタッフ ] 主侍 知恵 [ 舞台監督 ]
  柳本 友紀 [ 照明 ]
  天野 高志 [ 音響効果 ]
  鳥羽 紗也香 [ 宣伝美術 ]
  東京きのこクラブ [ 制作 ]
   
   
   
   

■ 第2本目公演 『スイート・ピンク』  2006年3月10日(金)〜12日(日)  会場 「ひつじ座」

■ストーリー
AV女優が実家に帰る、 という所から始まる、東北地方のとある農村を舞台とした物語。
【近しい仲の側面】という所にスポットを当て、 家族の中での関係性、そしてそれぞれが抱えるもの、
変わっていく事、変えられない現実・・・止められない狂気
そんな不協和音の階段を転がり堕ちていく様子を描きます。

ク リックすると大きく表示されます(別ウィンドウ)

  [ 脚本・演出 ] はるまき たわし
     
  [ キャスト ] は るまき たわし
    北本 誠志
    古賀 友里恵
    盛 夏子
    大和 みき
    西城 由紀
    浅井 智子
    村上 佳久
[ スタッフ ] 主侍 知恵 [ 舞台監督 ]
  柳本 友紀 [ 照明 ]
  小宮 聖子 [ 音響効果 ]
  浅野 つかさ [ 振付け ]
  ネオ [ 演出助手 ]
  masaru [ 宣伝美術 ]
  東京きのこクラブ [ 制作 ]
   
   

■ 第1本目公演 『ワレメ』  2005 年6月10日(金)〜12日(日)  会場 「サンモールスタジオ」

■ストーリー
一人の女性の妊娠から出産までの十月十日の物語。
その女性の父親、妊娠させた男、産婦人科で居合わせた夫婦。
なんらかの形で繋がっている人達の、それぞれの変わっていく関係性、それぞれの持っている悩み、想い・・。
そんな歯車を合わせられない人達の行く末を、可笑しくも悲しく、描いた群像劇です。


  [ 脚本・演出 ] はるまき たわし
     
  [ キャスト ] 安部 康二郎 ( 幹生所属 )
    小美野 順
    嶋崎 諭 ( 幹生代表 )
    大田 みち
    岡部 由美 ( イキウメ所属 )
    奧野 磨記
    杉 洋介
    吉村 友宏
    石田 愛 ( ラフタフ所属 )  
[ スタッフ ] 無花果八宝菜 [ 舞台監督 ]
  天野 高志 ( mixed) [ 音響効果]
  柳本 友紀 [ 照明 ]
  東京きのこクラブ [ 制作 ]
  むらかみ けぃ [ Web制作 ]
  松本 耕 [ 宣伝美術 ]
  カナザワマサル [ 舞台美術 / 衣装協力 ]
  浅野 つかさ [ 振付け ]
   
Copyright(C) 2005 kinokogyunyu All Rights Reserved.